プログラム制御・アルゴリズム

制御と分岐

@ プログラムの任意の場所を示すラベル(名前)
GOTO 指定したラベルの場所にジャンプ
GOSUB 指定したラベルの場所のサブルーチンを実行
RETURN サブルーチンの処理を終了し、元の場所に処理を戻します
ON~GOTO,GOSUB~ idxの値を参照し、指定したラベルにジャンプ
IF~THEN~ELSEIF~ELSE~ENDIF もし~なら…の条件式で処理を分岐
FOR~NEXT 同じ処理をカウント数だけ繰り返す
WHILE~WEND 同じ処理を、指定条件を満たしている間繰り返す
REPEAT~UNTIL 同じ処理を、指定条件を満たすまで繰り返す
CONTINUE ループ処理をスキップし、次に進む
BREAK ループ処理を終了する
END プログラムを終了する
STOP プログラムを中断させる

ユーザー定義関数

DEF~END ユーザー関数・ユーザー命令を定義する
COMMON DEF~END 別SLOTから呼び出せるユーザー定義関数・命令を定義する
CALL 1.ユーザー定義関数/命令を呼び出す 2.コールバック処理をする

その他の命令

READ DATAに書かれた内容で変数に値を一括代入する
DATA READで読み取るためのデータを記述
RESTORE READで読込むDATAの位置を指定
OPTION 変数の宣言を必須にするかどうかを設定
WAIT プログラムを指定フレーム数停止
VSYNC プログラムを指定フレーム間隔まで停止
' プログラムの中にコメントを書く
REM プログラムの中にコメントを書く
KEY ファンクションキーの設定を上書/読込
DTREAD 日付/曜日を数値で取得
TMREAD 時刻を数値で取得
CHKLABEL ラベル名が存在するか調べる
CHKCALL ユーザー定義命令・関数に使われている名前か調べる
CHKVAR 変数に使われている名前か調べる
DIALOG 画面にダイアログを表示する
CLIPBOARD クリップボードへの読み書き
DLCOPEN プチコン3号 カタログIPの利用開始を宣言